« クレジットカードの使い方はとても簡単 | トップページ | クレジットカードの絵柄 »

2013年9月10日 (火)

クレジットカードとエラーコードの関係

クレジットカードを使用していると、稀にエラーコードが出てしまいカード決済ができないということがあります。その場所がコンビニやスーパーマーケット、一般の小売店の場合はクレジットカードを使用できなかった場合は再度スキャンをしてみるという流れになりますが、それでもエラーが出る場合は使用を断られることが殆どです。

一方インターネットでカード情報を入力する場合、自分で決済処理をすることになるのでやり直しは何度でも可能です。しかし一回エラーが出た場合、その原因を解決しない以上は状況が変わらないものです。
では一般的にクレジットカードのエラーにはどのような原因があるのでしょうか。簡単な問題としては入力したクレジットカード番号やセキュリティコードが間違っているケースですが、これは良く確認すれば回避できる問題です。もっと直接的な問題として、カード自体に問題が発生していることを考える必要がある場合もあります。
有効期限が切れていたり、契約上の利用限度額を超えていたり、利用できない分割支払いの方法を選択しているなどのケースが一般的な問題として考えることが出来ます。
いずれのケースもカード会社に問い合わせることで解決の糸口がつかめますので早い段階で問い合わせすることをお勧めします。

« クレジットカードの使い方はとても簡単 | トップページ | クレジットカードの絵柄 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1937947/53406625

この記事へのトラックバック一覧です: クレジットカードとエラーコードの関係:

« クレジットカードの使い方はとても簡単 | トップページ | クレジットカードの絵柄 »