2013年9月27日 (金)

クレジットカードの絵柄

街中にあるショップでの買い物にクレジットカードを使用することは、従来から一般的なことでした。しかし、最近はそれだけでなく、公共料金や各種税金などの支払いにもクレジットカードを使用することができるようになっています。そのため、クレジットカードの発行を申し込む人が、以前よりも大幅に増えているのです。

カード会社は、できるだけ多くの人の申し込んでもらうために、様々な工夫をしています。ポイントを付与するサービスを充実させることが典型的な工夫の例ですが、カード自体にも工夫を盛り込んでいるのです。
人気の高いイラストなどを使うのです。従来は、カードにはイラストなどが印刷されていないものが一般的でした。しかし、カードを見るだけで癒されるような絵柄にすれば、それだけ申し込みが増えることが見込めるのです。 クレジットカードで大切なことは、利用できる金額・利用できる店舗数・附属している機能などを挙げることができますが、機能とは関係のない部分に力を入れるようになってきたのが最近の傾向なのです。
かわいらしい動物などの絵柄が出ているカードであれば、若い女性の心を掴むことができます。絵柄のような細かい部分にまで配慮するのが、クレジットカード業界の主流です。

2013年9月10日 (火)

クレジットカードとエラーコードの関係

クレジットカードを使用していると、稀にエラーコードが出てしまいカード決済ができないということがあります。その場所がコンビニやスーパーマーケット、一般の小売店の場合はクレジットカードを使用できなかった場合は再度スキャンをしてみるという流れになりますが、それでもエラーが出る場合は使用を断られることが殆どです。

一方インターネットでカード情報を入力する場合、自分で決済処理をすることになるのでやり直しは何度でも可能です。しかし一回エラーが出た場合、その原因を解決しない以上は状況が変わらないものです。
では一般的にクレジットカードのエラーにはどのような原因があるのでしょうか。簡単な問題としては入力したクレジットカード番号やセキュリティコードが間違っているケースですが、これは良く確認すれば回避できる問題です。もっと直接的な問題として、カード自体に問題が発生していることを考える必要がある場合もあります。
有効期限が切れていたり、契約上の利用限度額を超えていたり、利用できない分割支払いの方法を選択しているなどのケースが一般的な問題として考えることが出来ます。
いずれのケースもカード会社に問い合わせることで解決の糸口がつかめますので早い段階で問い合わせすることをお勧めします。

クレジットカードの使い方はとても簡単

クレジットカードは色々な場面で使うことができます。使い方はとても簡単です。お店でショッピングをするときに使う場合、レジでクレジットカードを出して利用できるかを聞きます。利用可能ならそのままクレジットカードで支払いをすることができます。

この時に、暗証番号の入力を求められます。正しい暗証番号を入力して、その後にサインをして完了です。お店で支払いをするときは大抵この流れになります。クレジットカードはインターネットのショッピングでも利用できます。
この場合は、お店で利用するときとは使い方が異なります。自分が買い物をしたいサイトにおいて、支払いをするときに自分のカード番号や住所などの情報を登録することになります。こうして登録をすることで、インターネットの通販サイトで簡単にショッピングをすることができます。
一度登録をしたサイトでは、2回目からカード情報の登録をする必要が無いところが多いので、クリックするだけで簡単に商品を購入することができます。
もし、間違えて商品を購入した場合などは、すぐに取り消しを申請することで、注文をキャンセルすることが可能なので覚えておくと良いです。このようにクレジットカードの使い方はとても簡単です。

2013年8月12日 (月)

クレジットカードとおすすめETCカードについて

クレジットカードには、カード会社が契約したクレジットカードと連動するETCカードを発行しているケースがあります。

ETCに使用するカードはついつい車につけっぱなしにしてしまうことがあるのですが、それがクレジットカードだとセキュリティ上非常に危険な状態になってしまいます。しかしクレジット機能の無い専用カードが別に用意されるのであれば、運用上でも安全に使えるというメリットがあります。
この仕組みのおすすめのポイントとしては、自分以外の家族にこのETC専用カードを貸し出して使ってもらうなどのような使い方も可能という様々な応用が可能になるという点になります。この様に色々な点で便利に安全に使用できますのでクレジットカード会社が専用カードを提供していて、かつ家族全体での高速道路の使用頻度が多いのであれば積極的に活用すべきです。
クレジットカードと同じ契約に基づくメリットはポイントなどの付加制度にもあります。高速道路の使用量なども当然のことながらクレジットでの支払いとなりますので相当分のポイントが付与されます。
この辺りにメリットを感じる場合にも強くおすすめできる制度です。沢山カードを持つのは面倒であると感じる方もいますが、上手に使うことで沢山のメリットを得ることが出来ます。

2013年7月27日 (土)

クレジットカードでエラーが出るケース

クレジットカードというのは便利なものですので、使い慣れている人は特に意識を使うことなくカード払いにしております。 しかし、無意識に使っていて、たまにクレジットカードのエラーが出たりすると、びっくりしたりします。

では、エラーが出るケースというのは、どのようなケースが考えられるのでしょうか。 まずは、クレジットカードそのものに不具合があるときです。
不具合の中でも、特に不具合が出やすい部分というのが、磁気ストライプの部分です。 カード裏面の黒い部分のことですね。 この部分がアクセサリーやバッグの金具、あるいは財布の金具などと反応して、磁気がおかしくなってしまう場合があります。 そういった金具にくっつけていないとしても、カードを多く使用していくうちに、磁気ストライプの磁気は弱くなっています。
それでエラーが出るのです。 他には、利用限度額を越えた場合です。 利用限度額を越えると、カードを利用することはできなくなります。
そういった場合にはどうすればいいのかというと、しばらく待ちます。 カードの支払いが終わり、利用限度額の枠に余裕ができれば、再び使えるようになるのです。
いずれにせよ、いざというときのために、もう1枚くらいはカードを持っておくことをおすすめします。

2013年7月19日 (金)

クレジットカードの審査

何かとお得なクレジットカードですが、現金払いではないだけに、お買い物をして、数十日も経過して、その後に登録しておいた自分の銀行口座の中から、クレジットカード会社により引き落としがなされるという仕組みになっています。

ですから、登録をしている自分の銀行の口座にお金が入っていないと、クレジットカード会社は引き落としができずに、困ったことになってしまいます。 クレジットカード会社は、そのようなリスクを回避するために、どこの誰だかわからない支払の見込みがないような人間にまで、だれかれかまわずカードを発行している訳ではないのです。 この人は支払い能力のある人間かどうか、お買い物などでカードを利用したら、きちんと銀行口座から引き落としがなされる人間なのかどうか、それを見極めるために審査が必要になるのです。
ですから、クレジットカードを申し込むときには名前や住所などはもちろん、勤務先の会社名やその会社での勤続年数に、その会社での役職や年収まで報告をしなければなりません。 特にゴールドカードとよばれている一般のカードに比べると審査の厳しいカードについては、カードの発行条件に年収がいくら以上ある人という条件もございます。

2013年7月12日 (金)

即日発行のクレジットカード!今では多数!

即日発行となる「クレジットカード」の種類は、今ではいくつも出ています。とはいえ、正確に言えば、即日に「仮カード」が発行されるという場合が多いのです。つまり、すぐに正規のカードを受け取ることができるわけではなく、まずは「仮のカード」というわけなのです。

しかしながら「仮カード」とはいえ、その後に発行される予定の正規の「クレジットカード」となんら変わりのない使い方ができる場合がほとんどです。もちろん、ショッピングでも問題なく使用できますし、「仮カード」とはいえ「リボ払い(分割)」をおこなえるものも多数あります。
しかし、すべての機能が正規のカードと同様なのかと言いますと、それはもちろん多少の違いは存在しています。たとえば、最近ではほとんどのカードに付帯していると言ってもいいほどの機能「キャッシングサービス」についてですが、「仮カード」の場合は、このキャッシングサービス機能が使用できない場合もありますね。
ですから、「仮カード」はショッピングのみでの使用可能と考えるのが一般的でしょうか。しかし、そうは言っても、「即日発行」を大々的にうたっているクレジットカードの多くは、「本カード」が2〜3日以内に送られてくる場合が多いのです。

2013年6月11日 (火)

クレジットカードのweb明細

クレジットカードを利用して買い物をした場合は、カード会社から発行される明細を保管しておく必要があります。この明細には、利用した日付や金額などが明記されているため、自分の利用状況を把握するための大切な資料となります。

しかし、最近、紙媒体の明細を用いないカード会社も増えています。もちろん、明細自体が無くなったわけではありません。そのようなカード会社では、web明細によって詳細を確認できるようになっているのです。 web明細の最大のメリットは、個人情報を適切に保護できるようになる点です。
クレジットカードを利用した場合にカード会社から発行される明細には、日付や金額が記載されていて、便利なもののように感じられますが、同時に住所や氏名も記載されるわけですから、適切に管理しないと、自分の情報を第三者に伝えてしまう危険があります。クレジットカードの利用状況と合わせて漏洩すれば、自分の生活状況まで筒抜けになってしまうため、極めて深刻な問題なのです。
クレジットカードを発行している会社は、個人情報を適切に取り扱うように心がけています。その一環として導入されたのが、紙媒体の明細を廃止してweb明細に切り替えることなのです。

2013年4月19日 (金)

アニメグッズを購入するならクレジットカード

毎日のようにどこかのテレビ局で新作アニメが放映されているので、そのチェックに忙しいファンも大勢おられるでしょうね。

テレビ番組を見ているだけでは電気代ぐらいしかお金はかかりませんが、アニメはグッズがたくさん販売されるので、それを片っ端から全部集めようと思うと相当な金額が必要になります。 DVDやブルーレイが発売されたら全巻揃えておきたいですし、サウンドトラックCDや、ドラマCDなどもたくさん集めなければなりません。
その他にも小説やコミック、同人誌まで集めようと思うとお金がいくらあっても足りませんが、中でもフィギュアはかなりの高額商品なので、まだ若いサラリーマンや、アルバイトをしながら学校に通っている学生さんとしては、財布の中から次々とお札が消えていくので、怖くなってしまう方もあるのではないでしょうか?
しかしはまってしまうとそれはもう止められませんから、財布の中身が乏しい時はクレジットカードを利用して支払うようにしましょう。
ショッピングに便利な特典つきのクレジットカードはたくさんあるので、色々比較して、その中でもっとも自分に合うと思ったものを持つようにしたいですね。 初めてクレジットカードを作る方は、比較サイトで調べるのがおすすめです。

2013年3月11日 (月)

クレジットカードの暗証番号

クレジットカードは便利なものです。何といっても、現金を持っていなくても買い物をすることができる点が大きなメリットです。多額の現金を持ち歩いていると、紛失や盗難の危険を常に抱えていることになりますが、クレジットカードであれば、万が一のトラブルが発生しても安心なのです。

それは、盗難に遭って他者に使われてしまった場合、カード会社がその金額を負担してくれるからです。 ただし、カード会社があらゆる損害を補償してくれるわけではありません。この点は要注意です。
暗証番号を使用して行われた取り引きについては、原則としてクレジットカードの所有者が責任を負わなければならないことになっています。暗証番号は、クレジットカードを発行する際に自分自身で設定する番号です。
キャッシュカードと同じように、4桁の数字を設定します。キャッシング機能を利用する場合には、この番号を入力するのです。 カード会社の規約にも定めがありますが、暗証番号は絶対に誰にも教えてはなりません。
本人しか知り得ないはずの情報だからこそ、悪用された場合でも、本人の利用と見なされるわけです。クレジットカードは便利なものですが、思わぬトラブルもありうるので、気をつけて使うべきです。